薬草

11月の薬草(アキノキリンソウ・ツリガネニンジン)

11月の薬草(アキノキリンソウ・ツリガネニンジン)@度会郡 1.アキノキリンソウ(キク科) 黄色の花が鮮やか。 民間で薬効が伝わっている。 薬用部位:全草 用途   :健胃、利尿 若芽は苦味があるが食用となる。 2.ツリ

カタクリ

カタクリ

カタクリ(ユリ科) @鈴北岳 愛らしい花です。 この花の鱗茎からでんぷんを採取する。 風邪 下痢の後の滋養に。 こんな小さなものからいったいどれだけのものが作られたことか。今は片栗粉はジャガイモから作られている。 &nb

7月の薬草 カギカズラ

7月の薬草 カギカズラ (アカネ科) 薬用部位:葉腋には小枝が変化してできた、釣り針状に湾曲した鉤(かぎ) 生薬名:釣藤鉤(チョウトウコウ) 薬効:血管拡張や高血圧改善に効果あり (漢方処方釣藤散、抑肝散などに使用されて

オミナエシ

オミナエシ(オミナエシ科) @玉城町 和名:女郎花 生薬名:敗醤(はいしょう) 全草に解熱、消炎、浄血、解毒、排膿作用があり秋の七草のひとつである。                         写真&文 会

1月の薬草

1月の薬草 御屠蘇散を構成している植物 (ボウフウ オケラ キキョウ サンショウ ニッケイ) 蘇散を日本酒や味醂に浸したものを「お屠蘇」という。一年間の邪気を払い長寿を願ってお正月に飲まれます 構成する生薬は文献によって

オトギリソウ

オトギリソウ  @いなべ市 薬用部分  果実の熟した全草 用途   生葉を揉んで 切り傷 虫さされに外用 葉を透かすと油点が散在する。花は午前中に開いて 午後から次々と閉じてゆく。 昔 鳥の傷の秘薬であったこの薬を口外し

10月の薬草 オケラ

10月の薬草 オケラ(キク科) 9月から10月に白い花をつける。 最近、野山で、見かけることは少ない。大切にして欲しいものである。 薬用部位:根茎 生薬名:白朮(ビャクジツ) 効用:健胃、整腸、利尿薬に用いる。 六君子湯

2月の薬草(タンポポ フキ オオイヌノフグリ)

2月の薬草(タンポポ フキ オオイヌノフグリ) 1月いなべ市は33年ぶりの大雪 60センチ以上も積もりました。 畑の雪が解けましたら かわいい花たちが見れました。   ♪♪ 雪が解けて 川に… もうすぐ春…♪♪ タンポポ

ウツボグサ(シソ科)

7月の薬草 ウツボグサ(シソ科)  @松阪 6月から7月ごろに 紫色の花をつける。 基部から走出枝が出て増える。 さわやかな花の色が魅力的である。 生薬名:カゴソウ 夏枯草(花穂) 薬用部位:夏に褐色になる花穂 用途 :

イワタバコ(イワタバコ科)

8月の薬草 イワタバコ(イワタバコ科) 湿った岩場に群生して生える多年草、大型の根生葉が2~3枚出る。 若芽を山菜に、乾かした葉は胃腸にも良い。 個体数が限られてきているので 採取は控えてください。 久しぶりに花を見るこ

こちらの記事もどうぞ

2.26学術フォーラム2023の開催について【WEB開催】

1 日  時   令和5年2月26(日)9:30~11:50 2 内  容 一般演題発表 薬薬シンポジウム  テーマ「精神科医療と薬剤師の役割~うつ病を中心に~」 基調講演「身近なうつ病を理解しよう」 三重県立こころの医