ウツボグサ(シソ科)

7月の薬草 ウツボグサ(シソ科)  @松阪

6月から7月ごろに 紫色の花をつける。
基部から走出枝が出て増える。
さわやかな花の色が魅力的である。

生薬名:カゴソウ 夏枯草(花穂)

薬用部位:夏に褐色になる花穂

用途 :消炎 利尿 口内炎など
    茶剤として暑気払いに用いる。

 
写真&文 会員交流・広報委員会(薬草) 郷

こちらの記事もどうぞ

2.26学術フォーラム2023の開催について【WEB開催】

1 日  時   令和5年2月26(日)9:30~11:50 2 内  容 一般演題発表 薬薬シンポジウム  テーマ「精神科医療と薬剤師の役割~うつ病を中心に~」 基調講演「身近なうつ病を理解しよう」 三重県立こころの医