9月の薬草

9月の薬草

自転車で走って見かけた植物を掲載します。

クズ(マメ科)

漢方薬 葛根湯に使われている。
葛でんぷんでお菓子・料理に使われる。

生薬名   葛根
部位    根 
効果    発汗 解熱 筋肉痛など

マルバルコウ (ヒルガオ科)

江戸時代後期い観賞用として栽培されたのが野生化。
緑のカーテンとして楽しまれている。
全草に 痔ろう、解熱に効果あるようだが 種子は猛烈な下痢を起こす成分が含まれているため注意が必要。

ハトムギ(イネ科)

いなべ市では、ハトムギを休耕地に栽培して「はと麦茶」を売り出している。
写真は ハトムギの栽培の風景である。黄金色に実っている稲と藤原岳をバックに撮影した。
ハトムギは 脱穀したものを「ヨクイニン」といわれ 消炎、利尿作用がある。ハトムギ茶は殻つきのままお茶に製造されている。
いなべ産の「はと麦茶」を飲んで、美肌になろう。

撮影 @いなべ市
                        
写真&文
会員交流・広報委員会(薬草) 郷

こちらの記事もどうぞ

2.26学術フォーラム2023の開催について【WEB開催】

1 日  時   令和5年2月26(日)9:30~11:50 2 内  容 一般演題発表 薬薬シンポジウム  テーマ「精神科医療と薬剤師の役割~うつ病を中心に~」 基調講演「身近なうつ病を理解しよう」 三重県立こころの医