11月の薬草

ナナカマド (バラ科)
ナナカマド (バラ科)
イチイ (イチイ科)

ナナカマド (バラ科)

山地に自生する落葉高木。材質が硬く、かまどに七度入れても燃え残りあるのでこの名がついたとか。

樹皮の煎じ液を疥癬・あせもなどに用いる。

イチイ (イチイ科)

仮種皮は甘味があり、美味しく食べられるが種子は有毒。

北海道ではオンコといわれている

薬効部位:葉

生薬名:一位葉(いちよう)

薬 効:利尿、通径薬、糖尿病

 
写真&文 会員交流・広報委員会(薬草) 郷
@札幌にて

こちらの記事もどうぞ

2.26学術フォーラム2023の開催について【WEB開催】

1 日  時   令和5年2月26(日)9:30~11:50 2 内  容 一般演題発表 薬薬シンポジウム  テーマ「精神科医療と薬剤師の役割~うつ病を中心に~」 基調講演「身近なうつ病を理解しよう」 三重県立こころの医