おくすり手帳

持ってて安心・お薬手帳

おくすり手帳とは?

病院や診療所の薬は一人ひとりの病気に合わせて処方されています。「おくすり手帳」とは、あなたに処方された薬の名前や飲む量、回数、飲み方などを記録し、携帯するための手帳です。

「おくすり手帳」はあなたの薬を、より安全にそしてより効果的に 使っていただくためのものです。

この手帳は、常に携帯して下さい。

・旅行する時
・薬局で薬を購入する時
・転居して、新しい医療機関を受診する時
・休日診療所や救急病院を受診する時
・災害にあった時

こんな時にお役に立つのが『お薬手帳』です。

病院や薬局で、保険証と一緒に「お薬手帳」をお出しください。

他の病院などでもらっている薬や、今飲んでいる薬との重複や飲み合わせをチェックすることができます。

病院での処置や治療の際に、飲んでいる薬の情報が必要になることがあります。

病院・診療所などで薬をもらった時、薬局で薬を調剤してもらった時には、おくすり手帳に記入してもらいましょう。

薬局で市販薬を買う時も、手帳を見せて薬剤師に相談し、買った薬を書いておきましょう。

おくすり手帳の使い方。

病院、医院、薬局へ行った時には、毎回必ず医師、歯科医師、薬剤師に提出しましょう。

薬局、薬店で市販の薬を買った場合や日常よく飲まれているサプリメントも、名前を記録しておきましょう。

通院時はもちろんの事、外出時にも必ず持ち歩くようにしましょう。

「おくすり手帳」は1冊にしましょう。

複数の病院にかかっている場合でも、おくすり手帳は一冊でお願いします。

「おくすり手帳」は病院や薬局別に分けては意味がありません。病院ごとに別々の手帳を持っていると、必要なチェックができなくなります。一冊に続けて記録することによって効果を発揮します。

あなたの記録を「おくすり手帳」に書いてください。

薬で副作用が出たことのある方は、そのことを記録しておくことにより、同じ薬が処方されることを防ぐことができます。

アレルギーに関することやご自身の病気に関することを記録しておくことにより、避けなければいけない薬が投与されることを防ぐことができます。

普段から薬についてわからないこと、困ったことをメモしたり、薬を飲んでいて気になったことなどをメモしておくことにより、あなたの情報を正確に伝えることができ、聞き忘れを防ぐことができます。

 

 

前のページに戻る ≫

 

ホームへもどる ≫