薬学教育・実務実習

学生実習とは

薬局では、薬学部長期実務実習生(5年生)の受入を行っています。

薬学教育6年制における実務実習について

薬学部では、医療人としての倫理・教養、課題発見能力・問題解決能力、そして臨床実践能力を身につけるために6年間のカリキュラムが考えられ教育を行っています。

その上で薬局(11週)を受けた後病院(11週)を受ける長期実務実習を行います。

実習は、それまで薬学部で学んできた知識・技能・態度を基に臨床現場で「基本的な資質」の修得を目指し実践的な臨床対応能力を身に付ける参加・体験型学習です。

またこの実習は薬学生の6年間の学習過程のうち、5年生に実施されます。 

三重県での長期実務実習について

長期実務実習は、所定の課程を修めた認定実務実習指導薬剤師の所属する施設(薬局、病院とも)にて行われます。

薬学生はこの実習によって、薬剤師業務に必要な基本的知識、技能、態度を修得し、社会のニーズに応えられる質の高い薬剤師の養成が達成しなくてはいけません。

薬局で受付やお薬のお渡しの時に、薬学生が対応させていただく場合があるかと思いますが、何卒ご理解・ご協力をお願いいたします。

 

学生実習の関連リンク

 
薬学教育・実務実習(日本薬剤師会)

 

 

前のページに戻る ≫

 

ホームへもどる ≫