モバイルファーマシーを能登半島地震の支援のため出動させました

日本薬剤師会からの要請を受け、1月9日(火)に本会が所有するモバイルファーマシー(災害対策医薬品供給車両)を能登半島地震の被災地支援のため出動させました。

モバイルファーマシーには多くの薬が収納できる棚や分包機を搭載しており、車内で薬剤師が調剤を行うことができます。

薬剤師3名1班体制で、1月9日(火)~14日(日)の6日間を2班に分けて石川県輪島市で活動し、14日に静岡県薬剤師会のモバイルファーマシーに活動を引き継ぎました。

2月6日(火)からは再度モバイルファーマシーを出動させ、12日(月・祝)までの7日間、前回と同じ輪島市で活動しました。

これらのモバイルファーマシーによる活動で、本会から薬剤師等を延べ56名派遣しましたが、日本薬剤師会からの薬剤師派遣は今後も継続されることから、引き続き薬剤師派遣に協力していきます。



こちらの記事もどうぞ

新型コロナウイルス抗原検査キット薬局一覧

三重県内で医療用抗原検査キットを取り扱う(販売する)薬局の一覧です。 掲載されている薬局に在庫を保証するものではありません。 各薬局での在庫に変動があるため、事前に電話等でご確認いただくようお願いします。 新型コロナウイ

「性犯罪被害者相談電話(#8103)」の広報について

このことにつきまして、三重県警察本部警務部警務課長より連絡がありましたのでお知らせいたします。 緊急避妊薬の調剤等の際、必要に応じて、ご活用をお願いします。 「性犯罪被害相談電話(#8103)」の広報について &nbsp