新型コロナウイルスワクチン接種を推進するための薬剤師の活動について

現在、新型コロナウイルスワクチンの接種が徐々に進められています。薬剤師は、各地域からの要請に応じて集団接種会場や個別接種会場でのワクチンの希釈及びシリンジへの充填業務に従事し、ワクチン接種体制の一端を担っています。また、専門性を踏まえた薬剤師の役割として、予診のサポート(問診、予診票の確認(記入の補助を含む)、薬剤服用(使用)歴の確認や副作用等に関する事前の説明)、接種後の状態観察にも取り組んでいます。

一方、皆様がワクチンに対する不安感が十分に払拭されていない様子もうかがえることから、薬剤師・薬局に対して新型コロナウイルスワクチンに関するお問い合わせがあることを認識しています。

そのため、(公益社団法人)日本薬剤師会では、薬局やワクチン接種会場などで、薬剤師が根拠ある情報を基に皆様にできる限り正確に説明できるツールとして下記に示すFAQを作成しています。

今後も薬剤師は、皆様に安心してワクチンを接種していただけるようにワクチン接種体制の構築に尽力していきます。

薬剤師から一般の方々に向けた新型コロナウイルスワクチンに関するFAQ 6月21日版

こちらの記事もどうぞ

2.26学術フォーラム2023の開催について【WEB開催】

1 日  時   令和5年2月26(日)9:30~11:50 2 内  容 一般演題発表 薬薬シンポジウム  テーマ「精神科医療と薬剤師の役割~うつ病を中心に~」 基調講演「身近なうつ病を理解しよう」 三重県立こころの医