ツユクサ

8月の薬草 ツユクサ(ツユクサ科) @いなべ市

猛暑いや酷暑!
にも関わらず 植物は元気に成長している。
ツユクサは、青い空と同じ色の花をつける。
この花は、早朝に咲いて午後しぼむ短命な花である。
はかない花である。
茎は地面を横に這ってのびる。
湿気の多きところがお気に入りのようだ。

生薬名:鴨跖草(おうせきそう)
薬用部位:全草
用途 :解熱、扁桃腺やのどの痛みに効果ありとか。
花は 染料として昔利用されていたとか。

写真&文 会員交流・広報委員会(薬草) 郷

こちらの記事もどうぞ

2.26学術フォーラム2023の開催について【WEB開催】

1 日  時   令和5年2月26(日)9:30~11:50 2 内  容 一般演題発表 薬薬シンポジウム  テーマ「精神科医療と薬剤師の役割~うつ病を中心に~」 基調講演「身近なうつ病を理解しよう」 三重県立こころの医