5月の薬草(シラン)

5月の薬草(シラン)

シラン(ラン科) 生薬名 白及(びゅくきゅう)
紫蘭(シラン)野生種だった。今は野生種は見られないとか。
今は栽培されて庭先にいっぱい咲いている。繁殖力が旺盛である。

シランの、鱗茎(りんけい・白きゅう)を8~11月頃に掘り採り、天日で乾燥させる。
これを生薬で、白及(びゅくきゅう)。かむとやや苦い味する。

効能 効果: 内服で 止血、排膿、消炎作用あり。
外用で 軽いやけど、あかぎれ、止血に使う。
(白及の粉末を食用油で練り、患部に塗布する。)

@いなべ市撮影
写真 &文 三重県薬剤師会 会員交流・広報委員会 郷

こちらの記事もどうぞ

2.26学術フォーラム2023の開催について【WEB開催】

1 日  時   令和5年2月26(日)9:30~11:50 2 内  容 一般演題発表 薬薬シンポジウム  テーマ「精神科医療と薬剤師の役割~うつ病を中心に~」 基調講演「身近なうつ病を理解しよう」 三重県立こころの医