メギ・ホンシャクナゲ

メギ・ホンシャクナゲ
5月の薬草

メギ(メギ科
薬用部位: 葉および枝
効用 : 健胃 整腸 下痢止めなど

枝を折ると木部は黄色、ベルベリンが含まれている。

ホンシャクナゲ(ツツジ科)
有毒植物です。
有毒部位: 葉
中毒症状: 嘔吐 胃腸障害など
 
今年はたくさんホンショクナゲの花が見ることが出来ました。

@岐阜県大垣市といなべ市にまたがる烏帽子岳
写真&文 会員交流・広報委員会(薬草) 郷

こちらの記事もどうぞ

2.26学術フォーラム2023の開催について【WEB開催】

1 日  時   令和5年2月26(日)9:30~11:50 2 内  容 一般演題発表 薬薬シンポジウム  テーマ「精神科医療と薬剤師の役割~うつ病を中心に~」 基調講演「身近なうつ病を理解しよう」 三重県立こころの医