ミヤマトウキ

ミヤマトウキ(イビキトウキ)
ミヤマトウキ(イビキトウキ)【セリ科】 @伊吹山

全草 セリと同じ臭気がする。
ミヤマトウキは崖地や岩場の山地に生える。

トウキは日本薬局方に掲載されているが 起原品種はトウキ ホッカイトウキである。

「トウキ」とは当帰と書く。

『当帰』を病人に与えると健康になる。「当に健康に帰る」とか。

婦人病の要薬としての重要な薬草。当帰芍薬散等に入っている。

入浴剤としても冷え性などの効果有り。

写真&文
会員交流・広報委員会(薬草) 郷

こちらの記事もどうぞ

2.26学術フォーラム2023の開催について【WEB開催】

1 日  時   令和5年2月26(日)9:30~11:50 2 内  容 一般演題発表 薬薬シンポジウム  テーマ「精神科医療と薬剤師の役割~うつ病を中心に~」 基調講演「身近なうつ病を理解しよう」 三重県立こころの医