マタタビ

マタタビ
マタタビ
マタタビ
6月の薬草 マタタビ(マタタビ科)@いなべ市

薬用部位 蕾にタマバエ科の昆虫が寄生して虫こぶの部分
生薬名  木天蓼(もくてんりょう)
効果    冷え性、神経痛、リューマチなどに効果があるとか。
別名 夏梅 (梅の似た花をつけるところから)
 
ネコの仲間がマタタビの臭気に強く反応するところから「ネコにマタタビ」という言葉が生まれたとか。
キーウィフルーツもマタタビ科です。

写真&文 薬草研究委員会 郷

こちらの記事もどうぞ

2.26学術フォーラム2023の開催について【WEB開催】

1 日  時   令和5年2月26(日)9:30~11:50 2 内  容 一般演題発表 薬薬シンポジウム  テーマ「精神科医療と薬剤師の役割~うつ病を中心に~」 基調講演「身近なうつ病を理解しよう」 三重県立こころの医