カラスウリ(ウリ科)

カラスウリ(ウリ科) @いなべ市 12月撮影

車で走っていると藪の中で目立つ赤色の果実。 

つる性の植物。夏の夜 真っ白な花をさかせます。

根にはでんぷんが多く 昔は 天花粉の代用として使ったとか (キカラスウリでもOK)。

種子を王瓜仁といって催乳に 根を王瓜根といって利尿 黄疸に。

果汁、果肉は しもやけに。

カラスウリという名が付いているのは、きっとカラスの好みのものと思われるがどうも違うようだ。

伯母が この中にはお守りの種子が入っていると話していたのを思い出します。

カラスウリの種子はカマキリの頭に似ているが 仏さまに似ているかも。

果実の赤い色は、数ヶ月保ってくれますので 玄関などに飾るのも素敵です。
                                                
写真&文

こちらの記事もどうぞ

2.26学術フォーラム2023の開催について【WEB開催】

1 日  時   令和5年2月26(日)9:30~11:50 2 内  容 一般演題発表 薬薬シンポジウム  テーマ「精神科医療と薬剤師の役割~うつ病を中心に~」 基調講演「身近なうつ病を理解しよう」 三重県立こころの医