高度管理医療機器等の販売業等に係る継続研修の実施について-第1回の研修は終了いたしました-

旧薬事法改正により、平成17年4月から医療機器の安全対策として、自己検査用血糖測定器、コンタクトレンズ等の高度管理医療機器を取り扱う薬局は、県知事の許可が必要となり、平成18年度から継続研修が義務付けられています。
 そのための研修実施機関として日本薬剤師会が厚生労働大臣に届け出ており、共催で各県薬剤師会が継続研修を実施することとなり、本年度は下記要領により開催しますので、お知らせいたします。
 当日は、多数の方の受講が予想されますので、公共交通機関を利用してご参加いただきますようお願いします。なお、来年2月16日(日)に同様の内容で第2回の継続研修を開催する予定です。

 

令和元年度 第1回医療機器販売業等の営業所管理者、
医療機器修理業の責任技術者に対する継続研修

1.主   催:公益社団法人日本薬剤師会
2.共   催:一般社団法人三重県薬剤師会
3.受講対象者:①高度管理医療機器等の販売業等の営業所管理者(毎年受講の義務あり)
        ②医療機器修理業の責任技術者(毎年受講の義務あり)
        ③特定管理医療機器の販売業の営業管理者(毎年受講の努力義務あり)
4.日   時:令和元年9月8日(日)14:00~17:00
5.場   所:三重県薬剤師会館 3F 大会議室(津市島崎町311)
6.講   師:三重県医療保健部薬務感染症対策課 前川 史門 先生
        ニプロ株式会社 取締役 信頼性保証部長  芳田 豊司 先生
        三重大学医学部附属病院小児トータルケアセンターセンター長 岩本彰太郎先生
7.研修内容:①薬事法その他薬事に関する法令        前川 講師
       ②医療機器の品質管理・不具合報告・情報提供  田畑 講師
          ③「小児在宅医療における薬局との連携と医療機器・衛生材料の供給の重要性について」                                                                                                                                                                                     岩本 講師
8.受講費用:三重県薬剤師会会員:3,000円、その他:5,000円  当日徴収
9.参加申込:定員になりましたので受付終了いたします
※ 申込各位には、研修会1週間前に受講票(ハガキ)を送付しますので、当日必ずご持参下さい。
※ 申込締切:令和元年8月16日(金) 必着 *定員150名になり次第、締切ります。

問合せ先
三重県薬剤師会事務局 〒514-0002 三重県津市島崎町311 Tel 059-228-5995

 

 

 

 

 

こちらの記事もどうぞ

2.26学術フォーラム2023の開催について【WEB開催】

1 日  時   令和5年2月26(日)9:30~11:50 2 内  容 一般演題発表 薬薬シンポジウム  テーマ「精神科医療と薬剤師の役割~うつ病を中心に~」 基調講演「身近なうつ病を理解しよう」 三重県立こころの医